現金が手元になくても、クレジットカードがあれば買い物もできますし、キャッシングも使えますので、とても重宝します。クレジットカードにはキャッシング枠がついていることもありますが、これは消費者金融のキャッシングとほとんどかわりません。ただし、クレジットカードのキャッシングの金利は18%程度であることが多く、一般的なローンよりも高金利になっています。どの金融会社から融資を受けるかでローンの金利は大幅に違ってきますので、ローンを選ぶ時には注意しなければなりません。カードローンは無担保でお金が借りられる融資で、資金使途が自由ですが、金利はやや高めに設定されています。住宅ローンは、金利1~3%と低めの金利になっていますが、そのかわり、ローンを組む時には担保を必要とします。銀行が扱っているカードローンでは、最大14~15%の金利です。クレジットカードのローン金利は高く設定されている場合が多く、ほとんどが年18%となっています。クレジットカードは、手軽にお金の借り入れができますのでとても重宝しますが、金利がそれだけ多くかかってしまうものです。クレジットカードを使って買い物をした時に、一括払いで支払えば手数料が発生しませんが、分割払いにすると手数料をつけて支払うことになります。返済方法にも種類があり、毎月の返済額が一定になっているリボ払いや返済回数を指定した返済方法もあり、負担の無い支払い方法を選べます。先々の支払いのことを考えずにクレジットカードを使っていると、ローンの返済が追いつかなくなることがあります。