貸を行っていたのに自己破産をしてしまうという場面となってしまうと、ブラックリスト登録すると言われています。ブラックリストと言うものは、信用情報機関に自己破産が事故情報という様に記載されていく事をいいます。

信用情報機関とは、取り引き先の情報をコントロールする機関なんですよ。今までの貸し付け利用歴や、今日日の貸し出し景況がわかる物であり、破綻情報も入っているのです

金融機関は、新規の御客さんにの判断をお願いする時に、信用情報会社を使っているのです。貸出しが高額な際や、返済を遅延したことがある方、破たんの経験があるといった風な方は、この段階で知られます。

ハッキリとしている審査の方法は消費者金融会社ごとにちがうのですが、信用情報会社に破産の情報があり続けると、大概ジャッジには通過出来ないのです。

自己破綻の情報が信用情報会社に残っているのは、五~七年です。それはローンだけでなく、新しいクレジットカードを作る事も出来ません。このため、悪徳金融業者が自己破産している人に、うちの会社なら貸が出来ると融資をはじめる事がありがちなようです。

これらの闇金融という、悪徳業者です。破産してからこのように時期が経過していないのに、融通の誘いをするという金融会社があるのなら、用心するほうが良いと思うのです。一回でも自己破産をしている人は、少したってじゃないと貸しをすることが出来ない為、非合法業者の被害に遭いがちですよ。

自己破たんをしたら、生活水準が一気に楽になるといった感じのことはまずかんがえられない事です。破綻してしばらくすると、油断することもあると思うのですが、貸出しなど甘い誘惑にかからないように訓誡しておくと良いでしょう。