カード・キャッシングというのは現金を指す英語ですが、社会通念上契約者貸付というと、一個人に金を貸し出すものと思います。現金を借用する場合や、返す際に、金融会社が発行してくれるカードを利用する個人ローンも存在します。

消費者金融が発行しているカードローン用のカードは、さまざまなコンビニや銀行のATMに対応しており、ATMをつかってお金を貸し出し返済出来るようになっています。ATMを使い現金を貸付られるようになっている為、はたから見ていても口座よりお金を引き出すように見えます。

契約者貸付にもカードを発行した金融会社が増えてきたため、カードローンとカード・キャッシングの境目がなくなってきています。前までなら、カード・キャッシングのローンを受けるには、消費者金融会社の窓口まで行って、貸の申請をしておく必要がありました。現金の自動支払機が登場したり、銀行提携のATMが使用出来る様になっている等を通過して、今や近くのATMが使えるようになっているんです。

少し前まで、キャッシングっていう言葉の指しているものは、金融会社が限度金額の目で現金を貸付というものだったんです。キャッシングにたいして、カードで貸出する事ができる銀行の少額融資のサービスを個人ローンといい、両者は別ものとされます。昔は、カード・キャッシングとカード・ローンは別物のものでしたが、最近になってそういった隔が少なくなってきました。

消費者金融の中には銀行と提携関係にあるケースも急増しており、新たに融資サービスが登場したり、融通の方法も変わってきています。カードローンというように言いかたはされているが、実質銀行と提携した金融会社という事もかんがえられるため、あながち意味が捉えきれなくなっています。