債務整理直後の場合は、カードローンとか消費者金融のキャッシングの使用はできないと考えてください。任意整理をした人も、押しなべて5年間はローン利用は不可能です。平成21年に判決が出た裁判が元となり、過払い金を取り戻す返還請求が、借用者の「当然の権利」として、社会に知れ渡ることになったのです。借金返済で困惑していらっしゃる人は、債務整理を実行することで、借金を減らすことができますので、返済もしやすくなります。あなただけで思い悩まず、専門家に任せると解決できると思います。

借金返済の見通しが立たないとか、金融機関からの取り立てが容赦なくて、自己破産を考慮しているなら、今すぐ法律事務所に出向いた方がいいと思います。いわゆる小規模個人再生に関しては、債務の合算額の20%か、それが100万円以下であるのなら、その額を3年という期限内に返していく必要があるのです。債務整理関係の質問の中で一番多いのが、「債務整理手続きが完了した後、クレジットカードの発行は可能なのが?住宅ローンを頼みたいと思っているけど、OKが出るのか?キャッシングは不可能になるのか?」なのです。「私自身は返済完了しているから、関係ないだろう。」と信じて疑わない方も、チェックしてみると想像もしていなかった過払い金を手にすることができるという時もあるのです。