もしも、ローンを利用したけれど、返済が追いつかなかったりすると、何が起きるでしょう。ローンは確実に期日までに返済をしなければならない事は誰もが知っていることです。借りたお金を返さなければいけないことは理解しているけれど、手持ちのお金がないことがあります。その人がどんな立場にに立たされているにしても、返済を滞らせると、遅延の記録が残ることになります。返済日を勘違いしていたり、忘れていて、1日遅れたということなら、まだありえる話でしょう。返したいけれど返せないという状況のせいで、返済が1週間以上遅くなる人もいます。返済しなければいけない日までの入金ができていない場合は、相応の延滞金を支払うことになります。利息に遅延損害金が加算されるので、通常よりも多くの支払いが必要となります。返済日をオーバーすればするだけ、最終的に支払わなければならない金額が、多くなってしまう仕組みです。事前に試算を済ませておいて、期日通りにしっかり返済できるように見通しを立てておきましょう。いつまでも返済できないままでいると、今後、新規のキャッシングやローンの申し込みをしても、審査で落とされてしまうことがあります。返済日に決まった金額を返せないと、結局は自分が損をすることになりますので、返済可能な金額だけを借りることがポイントです。