最近は、クレジットカードを持つことが一般的になってきて、多くの人が日常的に活用しているようです。中には一人で複数枚のクレジットカードを所有している人もいますし、学生や、主婦でも使っている人は珍しくありません。最近では、公共料金や電話料金をクレジットカード払いで済ませている人もいますし、毎日の小さな買い物でもクレジットカードが活躍しています。お金を持ち歩かずともいいことが、クレジットカードを使う時の大きな利点といえます。ポイントを貯めることによって、商品券や電子マネーにチャージすることができるのもクレジットカードの人気がある理由でしょう。クレジットカードの申込みは、パソコンやスマホからでも簡単に行えるようになっています。ただし、申し込み時には提出が必要な書類や情報がありますので、それらを揃えてから申し込みをすると、スムーズにできます。クレジットカードの申し込みでは、本人が確認できる書類の写しは必須です。パスポートや、運転免許証が必要になります。住民票が必要になることがありますが、これは現住所と、本人確認書類に書かれている住所が別々なものである時などです。申し込み内容に問題がなければ、審査が行われます。申し込み者の返済能力を確認し、クレジットカードを発行可能かをチェックします。毎月決まった収入がない人は、返済能力が無いと判断されるため、申込みの審査に通ることが難しくなります。審査に通って契約の手続きを完了すると、クレジットカードが発行されて、利用可能となります。