提携ローンは、住宅ローンを利用する時に聞くことが多い単語ですが、提携ローンとは、一体どういったものでしょう。住宅や土地を購入するためにローンを組まなければいけない時に、提携ローンとは、あらかじめ売り主が銀行と提携して用意してあるローンです。提携ローンと通常のローンにはどんな違いがあるのでしょうか。提携ローンの金利は、それ以外の住宅ローンの金利と比べると、最初から低く設定されていることが多いと言われています。金利条件を比較した場合に、提携ローンのほうが有利です。ただ、固定金利選択型で、全期間一律で優遇している時に限定された話です。提携ローンの審査期間にも特徴があり、取り扱っている金融機関によって異なります。住宅ローンの審査では担保の価値判断がありますが、提携ローンの場合はあらかじめ住宅の審査は終わっていますので、その分、早くなるわけです。審査の通りやすさについても、提携ローンのほうが有利であるといいます。通常ローンの申し込みをして年収や勤続年数の関係で審査が通りそうもないという人は提携ローンで聞いてみるのも良いでしょう。大抵の場合、銀行に行ってローンの手配をするのは、申込み者本人が行うことになります。面倒な手続きは不動産会社に任せたいという人は、提携ローンを利用して融資を受けるといいかもしれません。提携ローンでは日程の管理やアドバイスもすべて不動産会社がしてくれるので住宅購入の際にいろいろと忙しい場合に大変便利だといえるでしょう。