夢のマイホーム購入に現金で一括で購入するという人は少なく、住宅ローンなどをマイホーム購入に充てるという人がほとんどです。ただし、金融機関は審査に通った人にしか、ローンを組みません。審査に通らなければ、家を買えないという事になります。そこで住宅ローンの審査方法についての知識を深めて、スムーズに審査を通れる対策が取れるように説明していきます。住宅ローンの審査では、まず、購入する家を決めるところから始まります。土地選びや、家選びを経て、購入する物件や金額を明確にしてからが、ローン手続きのスタートです。その後に住宅ローンの申込みをして、まず最初に事前審査を受けることになります。事前審査では、1週間から3週間を必要とします。事前審査をすることで、家の売買契約を結ぶ前に、融資が受けられるかがわかります。事前審査の結果を得てから、住宅メーカーや工務店との売買契約を結ぶことになります。家を買うために契約を交わすことで、最終的な購入金額が決定します。そこでもう一度、住宅ローンの本審査を金融機関が行うことになります。本審査には約1週間程の期間がかかり、審査に無事通ってやっと住宅ローンの契約となります。大口の融資になりますので、住宅ローンの審査はどうしても時間がかかります。申込みする際に提出しなければならない書類もたくさんあり、申込み手続きの途中で書類に不備があると、さらに時間が必要になります。申込みから審査の終了まで、短くても1カ月はかかってしまいます。予定が詰まってきつきつにならないように、先々のプランを見通して審査を受けるようにしましょう。