クレジットカードとキャッシングは似ているようで違うものですが、比較するとどんな違いがあるのでしょうか。クレジットカードは、金銭の決済をするために必要となるものです。手持ちのお金がなくても、クレジットカードを持っていれば、買い物や、食事ができるので、とても便利です。クレジットカードには、クレジット機能のほかにキャッシング機能がついていることもあります。キャッシングとは、個人の信用を担保にして、金融会社から融資を受けられる金融サービスのことです。クレジットカードとキャッシングを比較してみると、さまざまな違いがあることがわかります。現金の融資を受けたい時はキャッシングを、現金を使わずに買い物をしたい時はクレジットカードを使います。クレジット会社もキャシング会社もカードを発行しますが、同じカードでも比較してみると機能に違いがあります。クレジットカード会社がつくっているカードは、クレジット枠のほかにキャッシング枠もついていて、ポイントサービスや、旅行時損害保険サービスなども付帯しています。単なるツケ払いや現金調達といった機能だけではなく、さまざまな役割を担っているのがクレジットカードの特徴です。クレジットカードにはキャッシング機能がついていますが、限度額は低めで、金利も高く設定されていることが多いようです。キャッシング会社では、主にキャッシング機能のみがついたカードを発行しています。クレジットカードの強みと、キャッシングカードの強みはそれぞれ違いますので、両者の違いを把握しておきましょう。